中川翔子

「ほんとにあった怖い話 特別編」(フジテレビ)2007/08/28放送で、
下ヨシ子が中川翔子を霊視。

中川翔子の家には、霊道(現世と霊界をつなぐ霊たちの通り道)が
できていた様子。
しかし、実際には霊道ではなく、2〜3体の霊が棲みついていたと
思われる。

強い女性の念を感じた。
そのため、父親やおじさんなどの男性ばかりが影響を受けている。

念を持っている先祖の女性が見える。
その女性とは別に、近所で亡くなった女性の霊体が2つ見える。
壁にできた染みは、その女性の血だと思われる。
壁紙を取り替えても何度も浮き出ているが、きちんとお祓いを
行えば止まる。

他にも金縛りにあったり、父親の名前でメールが打ち込まれたり、と
不思議な現象が起きていて、今後も色々な影響が出る可能性がある。

中川翔子が受けている影響としては、本当の恋愛が成就しない。
本当に好きな人が出来たとしても上手く行かなくってしまう。
悲しい女性が棲みついているため、霊は人の幸せを嫌っている。
霊の災いはもう始まっている、と下ヨシ子は霊視。

その後、下ヨシ子は別室に移動して緊急浄霊を行った。
posted by 下ヨシ子 at 16:40 | 下ヨシ子の鑑定