はるな愛

フジテレビ「ほんとにあった怖い話」(2009/08/25放送)で、下ヨシ子がはるな愛を霊視。

心霊の再現ドラマを見終わり、トーク中に首の痛みを訴えたはるな愛。
下ヨシ子は、はるなさんが霊を連れて来ている、と鑑定。

霊の正体は、最近亡くなった知り合いの男性。
その男性は、家族ぐるみで付き合っていて、兄のように可愛がってくれた人。
最近になって、人伝いに亡くなったことを聞いた、とはるな愛はコメント。

また、下ヨシ子は、はるな愛に複数の霊体がとり憑いている、と鑑定。
緊急浄霊が始まった。

まず始めに出てきた霊は、最近亡くなった知り合いの男性。
最初は抵抗していたが、この霊は素直に外れてくれた模様。

次に出てきた霊は、先祖のおばあさんの霊。
邪悪な霊ではないため、お経の力で天に召された模様。

次に出てきた霊は、子供の霊。
はるな愛には、生まれて来ることができなかった兄弟がいたはずなので、水子の霊もとり憑いていた。
この霊は、子供の守り神として信仰される地蔵菩薩のもとへ導かれ、外れてくれた模様。

最後に出てきたのは、生霊。
はるな愛のことを好きだったが、振られてしまった男性。
離れることに強く抵抗していたが、お経の力で離れてくれた模様。

浄霊後、はるな愛はすっきりとした表情で、首がすごい楽になったとコメント。
posted by 下ヨシ子 at 22:19 | 下ヨシ子の鑑定