つるの剛士

「ほんとにあった怖い話 冬の特別編2009 芸能界緊急浄霊SP」(2009/02/03放送)で、下ヨシ子がつるの剛士を霊視。

つるの剛士は、背後に何かがいるような気がしている。
その理由は自分の力だけでなく、守護霊のようなものがいて、良い方向に導いてくれている感じがするから。

また、机で絵を描いていて消しゴムを落とした時に、下を探しても無く、机を見たら消しゴムがあったり、車で事故に遭う3分前に「シートベルトをしっかり締めなきゃ」と思ったり、と不思議な体験もしている。

下ヨシ子は霊視をした瞬間、「視力が悪いんですか?」と質問。
つるの剛士は以前、視力は2.0あったが、10数年前のウルトラマンの撮影の時に、急に視力が悪くなった。
その1年後には、視力が0.2まで低下している。

その原因は、父親方のひいおじいさんの影響。
ひいおじいさんは色々なことを教えてくれているが、マイナス面の影響も受けている(ひいおじいさんも視力が悪かった)。
浄霊をすれば視力も少し回復する、と下ヨシ子は鑑定。
また、生霊もついている、と鑑定。

そして、浄霊を行った。
生霊の正体は、つるの剛士の奥さんのことを以前好きだった男性だった。
posted by 下ヨシ子 at 11:33 | 下ヨシ子の鑑定